五十肩とは、肩の関節の周囲が炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こすことで患う肩の疾患のことです。肩の関節には、上腕骨と肩甲骨があり、この2つの骨のバランスが崩れ、互いにぶつかり合い、関節を傷つけてしまうことで起こるんです。五十肩でおもしろいのは、名の通り50台で発症しやすいと言う点も。早い人では、40代後半程度で症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を訴える人が出てきます。そして、一番多いのが50代だと言えますね。60代で症状が発症してしまう方もいるかもしれませんが、70代、80代で五十肩の人はまれです。20歳代、3零才代にもあまり見られないのです。五十肩を患うと、肩から腕にかけての痛みにおそわれます。痛みはある日不意に襲ってくることもあれば、じわりじわりと段々と痛み出す可能性もあるでしょう。左右の肩が同時に痛み出すことは少なく、多くはどちらか一方です。しかし、左右の時期がずれて両方患う場合もあるでしょう。五十肩が発症した初期の頃は炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)を起こしているので、腕を上げたり、外や内側にひねるなどの動作の時に痛みを感じるようになり、その後、腕を上げることさえままならなくなります。こういった状態が1〜2ヶ月続くと、激しい肩の痛みが一段落し、鈍痛に変わるといわれているんですね。ただし、うごかすと痛みはあり、こういった状態が3〜六ヶ月くらい続いた後、痛みが徐々に薄れていき、手や肩を動かしやすくなるはずです。これで元の状態に戻るのかって言えねそうではなく、肩や腕を長い間動かさなかったことから、運動障害を発生するためす。この時期にきちんと肩を動かしてリハビリをしないと、いつまでも運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)障害が残る事になるため注意が必要ですー